白髪用と普通のカラーの違い

白髪染め用ヘアカラーと普通のヘアカラーの違いについて白髪染め用ヘアカラーと普通のヘアカラーは、何がどう違うのかなと思っていて普通のヘアカラーでは白髪は染まらないのかなと考えていてそれならばそれはそれはどうしてなのかなと思って調べてみました。

ボタニカルエアカラーフォーム

2剤を混ぜるタイプの白髪染め(ヘアカラー)は、髪の毛のメラニン色素を分解して脱色すると同時に、染料同士を髪の内部で結びつけるので、しっかり染まります。約2カ月色合いが持続しますが、髪が伸びてくると色の段差ができるので、1~2カ月ごとに染め直すようにするとよいです。また、髪が伸びた部分だけを染め直すこともできます。まれにかぶれる方もいますので、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は毎回必要です。

一方、ヘアマニキュアは、髪の毛のメラニン色素は脱色しないで、染料をおだやかに浸透させます。白髪は自然な感じに色がつきます。黒髪はほんのりニュアンスが変わる程度です。髪色を明るくすることはできません。色合いが持続するのは約2~3週間で、シャンプーのたびに徐々に色が落ちて、元の髪色に戻ります。皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は必要ありません。

髪をいためることがないのも特長です。 染めた髪色を長持ちさせたい方、白髪をしっかり染めたい方にはヘアカラーをおすすめします。また、短期間で髪色を変えたい方、初めてカラーリングをする方や、白髪を自然に目立たなくしたい方には、ヘアマニキュアをおすすめします。