犬も良いがインコも飼うといいのか

インコは珍しいんじゃないかと思っています。

インコは、なかなかいないとは思いますが見ているとかわいいものであり、鳥なので人懐っこいところもあるかもしれません。

評判通り?Ta-Ta(タータ)の本音

「警察犬の歴史は」

警察犬も世の中にはいますが

警察にも犬が役立っていることが分かり

警察犬(けいさつけん)とは、人間の4千倍?6千倍といわれる犬の鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。1896年にドイツのヒルデスハイム市警察で始めて採用された。

1896年のことである。第一回オリンピックの頃である。

日本の警察犬には、警察が所有し使用する直轄犬と警察が実施した試験に合格し警察から非常勤の警察犬として認められた嘱託犬の2種類がある。また広義には日本警察犬協会が警察犬としての能力を認定している7犬種を警察犬ということもある。

日本では1912年に警視庁がイギリスからコリーとラブラドールレトリバーの2頭を採用したのが始まりである(ただし防犯広報目的で採用)。1940年(昭和15年)に警視庁は警察犬舎を設けて警察犬6頭を飼育したが戦争に伴い一時廃止。1952年(昭和27年)には警察犬制度の採用が再度検討され、民間訓練士に12頭の犬を警察犬として嘱託する嘱託警察犬制度が創設された。さらに1956年(昭和31年)には警視庁において本格的な直轄警察犬制度が発足した。

警察犬の訓練においては、服従訓練・嗅覚訓練・警戒訓練が行われる。

2004年時点では、警視庁鑑識課だけでも32頭が使用されその他各道府県警鑑識課でも使われている。

亡くなった警察犬については、1968年に東京家畜博愛院に警察犬慰霊碑が建立され、年に2回慰霊祭が行われている。