子どもに気付かされてからの私の口臭対策

 口臭が気になるようになったのは、40歳を過ぎてからでした。人と話す仕事をしているので、昔から歯磨きなど口腔内を綺麗にしておくようにしていたのですが、年齢と共に体臭や口臭を気にするようになりました。お子さんと話をする際、しゃがんで目線を合わせて話をすると、たまに顔をしかめられたり、顔をそむけられたりすることがありました。“ああ、口臭だ”と、その反応から気付かされました。

効果あり?イニオを飲んだ私の口コミと本音の評価が衝撃的?

 はじめは、いくつかのマウスウィッシュ液を試してみました。アルコール系の方が効きそうな気がしたので、そちらから始めましたが、低刺激と書いてあっても、けっこう刺激があり、使い続けるのは苦痛でした。そこからノンアルコール系のマウスウォッシュ液に変えてみました。これは比較的使いやすくて、寝る前と朝、出かける前に使っていました。口臭は改善していると思いたかったですが、口臭を確かめる方法が分からなくて、気になる日々は続きました。

 その頃から、月に1回、口腔内のクリーニングを歯科医院で行うようにしました。歯や歯肉の健康チェックもしてもらえるので、毎月1000円程度で済むので、いろんな薬や歯磨き粉を使うよりもいいということに気が付きました。適切な歯の磨き方なども指導してもらえるので、口臭への不安は、随分少なくなりました。

 自分の口臭チェックの方法ですが、マスクを使っています。コロナウィルス対策でマスクを使うようになってから気付きました。使い捨ての不織布マスクを1日使った後、ビニル袋に入れて半日ぐらい置きます。それを取り出して臭いをかいでいます。日によって、多少臭うこともありますが、とても気になるほどの強い臭いがすることは、今のところありません。これからも、口臭については気にしていきたいと思います。