粘り強く継続することが大切です

ダイエットはいつの時代も老若男女、幅広い世代の関心を集めるテーマですが、今回は、私が数年前から実践している「納豆ダイエット」を紹介します。方法は至ってシンプル、毎日納豆を食べ続けるだけ。あの独特の匂いと粘りが苦手でなければ誰でも実践できます。http://www.ciguri.net/

具体的なやり方ですが、市販の納豆を大量に購入します。メーカー、味付け、粒の大きさは好きなものを選んでいただいてOKです。飽きが来ないよう、なるべく種類の違うものを揃えると良いです。1パックの分量は30グラム程度のものが好ましいですが、一般的な45グラム前後のものでも構いません。納豆を購入し終えたならば半分は成功したも同然。後は毎食の米やパンといった炭水化物を納豆1パックに置き換えましょう。どうしても白米を食べたい場合は朝食で茶碗に半分程度ならOKです。おやつや夜食が食べたくなったら納豆を1パック食べましょう。

個人差はありますが、男性なら1ヶ月継続すれば2キロ前後、2ヶ月継続すれば5?6キロは体重が落ちます。間食がやめられない人ほど効果が出ます。

このダイエット方法は、単純に炭水化物や間食を断つのではなく、納豆を代替食品とすることにより3つのメリットを得ることができます。

1つ目のメリット食事制限によるストレスの緩和です。人間は、「?してはいけない」といった制限のかかる状況ではストレスを感じるものですが、「代わりに?はしてもよい」といった代替条件があると、ストレスは幾分緩和されます。「ダイエット=何か制限が必要」と考え、ダイエットへの抵抗を感じる方には取り組みやすい方法ではと思います。

2つ目は、栄養バランスが維持されることです。社会人になると年末年始から年度末の3月までは宴会が多く体重が増加しがちです。私は、20代の頃、あるスポーツをしていたのですが、4月末から春のリーグ戦が始まるので減量して体重を調整する必要はあるが、練習の強度は落とせないといった状況でした。そこで思い至ったのがこのダイエット方です。納豆の栄養価のおかげか減量中もバテることなく日々の練習を乗り切ることができました。

3つ目のメリットは、ダイエットのために余分な時間を割かなくとも良いという点です。食事の一部を納豆に置き換えるだけなので忙しい方でもすぐ実践可能です。

2?3週間で目を見張るような効果が出る方法ではないですが、じっくり取り組めば必ず効果の出る方法です。体重が気になり出したけど間食はやめられない、という方は、先ずはお試し気分で、「粘り強く」取り組んでみては如何でしょうか?